注目の記事 PICK UP!

ハイブリッドなFXトレードシステム『あじにっち』始動!

皆様こんばんは。

FXトレード歴15年・EA歴15年の龍見空と申します。

15年間のトレード人生の総論として、この度新しい『ハイブリッドFXトレードスタイル』として『あじにっち』と言うシステムを皆様と共に相場での優位性を検証できればと思い連載記事を書くことにしました。

ハイブリッドFXトレードシステム【あじにっち

詳細については動画をご覧ください。

また動画を閲覧しない方のために、静止画を使用しながら新しいFXトレードスタイル『あじにっち』について解説したいと思いますが、その前にここに至るまでのあらすじについて説明させて下さい。

ちなみに『あじにっち』とは与論島の勝負の神様が祀られている「アジニッチェー」からヒントを得た私が作り出した造語です。

少し余談ですが、「アジニッチェー」についても触れておこうと思います。

詳細は下記の公式リンク先でご確認下さい。

与論島に残る英雄伝説の舞台 按司根津栄神社

由緒


按司根津栄神社は今より800年ほど前に琉球の敵兵から島を守るために戦った英雄按司根津栄(アジニッチェー)を祀る神社です。按司根津栄は武芸に優れ勝負事の神様、島の守り神として祀られています。与論には按司根津栄伝説が言い伝えられており各地に按司根津栄の遺跡が残ります。

投資や投機というジャンルはカテゴリー的にギャンブルではありませんが、やはり勝負事であることは確かです。

ハイブリッドFXトレードシステム【あじにっち】

そこで先日、与論島まで行ってこの神社にお参りに行ってきました。

その時に降りてきたインスピレーションが今回の『あじにっち』というハイブリッド型FXトレードスタイルであったわけです。

15年間もFXやEAに関わって来ていますので、この長い時間の集大成ができないかな〜?とは常日頃から考えていました。

こちらのGogojungleでもインジケーターやEAを3年ほど前から販売させて頂いたりしましたが、今ひとつ納得のいかない結果であったのは正直な気持ちです。

以前販売していたインジケーター七色空(ななしきくう)の商品ページはこちら

現在は精度が今ひとつなので販売を中止しています。

このインジケーター販売の2020年7月から現在までの約2年間で、アイデアを練り上げて考え抜いた結果、ハイブリッド型のEAを完成させた次第です。

私はEA歴も15年と非常に長いので数多くのEAを運用して来ました。

ここGogojungleでも無数に近いEAが次から次へと販売されていることと思います。

MT4やMT5など海外サイトでの販売数も鑑みるとまさに無数と言っても過言ではないほど巷には多くのEAがあります。

私も100を超えるEAと関わる中で、FXトレーダーの幸福ってなんだろう?という疑問がありました。

ハイブリッドFXトレードシステム【あじにっち】

トレーダーは利益至上主義であることは確かなことだと思います。

つまり利益=幸福であるということは疑う余地はありませんが、その利益の獲得方法については様々な手法や方法論があります。

FXの完全自動売買EAはいつも知らない間にポジションを持つ可能性のあるシステムです。

ハイブリッドFXトレードシステム【あじにっち】

プラスだけなら許せますが、寝ている間に大損や大きな含み損、はたまた強制ロスカットなんて洒落にならないですよね!?

僕は何度もリアル口座のEA運用でそういう経験をしています。

このような精神状態はあまり安心できる状態ではありませんでした。

少なくとも私の場合はそういう安堵できない精神であったため、しばらくEAを離れ裁量トレードだけをやる時間も多かったのです。

EAを止めるとなんとも言えない開放感や安心感、要するにノーポジションであることがこんなにも幸福なことなのかという気持ちになったりもしました。

一方裁量トレードはどうか?というと私のように実業がある場合や、サラリーマンだったり、主婦だったり雑事に追われている場合など長時間チャートに張り付くことができないジレンマを感じていました。

理想的なトレンドが出ていても、そのタイミングに必ずしもチャートの前にいることは稀でした。

トレンドが終わる頃にチャートを見て何度がっかりしたことか!?

そこでたどり着いた結論はサインツールでした。

MT4のサインを転送するシステムを使ってスマホにサインの通知が来るシステムが気に入っていました。

ハイブリッドFXトレードシステム【あじにっち】

上図はMT4にデフォルトで付属しているサインの通知をメールに転送する機能です。

ツール→Eメール→私はYahooメールを使っていますが、Gmailでも転送可能です。

そして片っ端からサインツールを試す日々が続きました。

ここGogojungleでも数多くのサインツールを購入して来ましたが、これまた中々思うような成果が出ませんでした。

ク◯スグループや他のサイトでも様々なサインツールを買い続けて来ましたが、サインの精度が低すぎて愕然とするばかりでした。

これはもう、自分のロジックをサインツールにするしかない!

ハイブリッドFXトレードシステム【あじにっち

そう考えたのが3年ほど前で、開発に1年ほどかけて完成させたものを2年ほど前にこちらで販売していました。

サインツールはリペイントや多数のサインの出現で勝率が案外低いことにも驚きました。

サインが多いと、転送メールもかっず多く来るし、兼業で仕事中や運転中など移動時間には思うようにチャートを見ることができません。

そこで考えたのは、限りなく精度だけを高めるサインツールの開発でした。

サインツールを使い始めたばかりの頃は、サインの出現頻度はエントリーチャンスの多さだと勘違いしていて、サインは多いほど良いと考えていましたが、今ははっきり言えます。

それは真逆だと考えるようになりました。

サインは精度が限りなく高くて、出現頻度は少ないほど良いという結論です。

できれば1日1回〜2回まで。

なぜかと言うと私にとってのサインとはトレンドの方向性のことを意味するからです。【ここ重要】

ハイブリッドFXトレードシステム【あじにっち】

精度が高くて出現頻度が多いのは構いませんが、一日中メールが来ても対応できないので、やはり限りなく精度を高めて頻度を少なくする方が私のトレードスタイルには合っていました。

トレンドの定義はダウ理論で説かれている通り、高値安値が連続して更新されていくことです。

例えば上昇トレンドなら、前日高値を更新し、当日高値を更新していくと上昇トレンドと考えられます。

下降トレンドならこの真逆で、前日安値を更新し、当日安値を更新し続けるような値動きがある場合は、下落トレンドであると定義できます。

この日足レベルの上げ下げの中にも小さなトレンドがあるので、そこをスキャルピング・デイトレード・スウィングトレードで利益を追求する方が精神的にはとても楽だと言うことがわかりました。

当然ですが毎日トレンドが続かないことの方が多く、昨日は値動きが小さくレンジだったが、今日は4時間足の高値ブレイクでトレンドが出たなんてことも珍しく無いですよね?

話をサインツールに戻します。

サインツールを作る際に大きく以下の2つのことに主な重点を置くことにしました。

1.レンジの時には極力サインが出現しないこと。

2.トレンドではできる限り初動でサインが出現すること。

ハイブリッドFXトレードシステム【あじにっち】

と、そうは言っても、この2つを兼ね添える事はとても難しく、どちらかを取るとなった場合、優先順位の1番は「できる限りレンジ相場でサインが出ないロジック」を組むことにしました。

次に「トレンドはできるだけ初動でサインが出ること」を念頭に開発しました。

なぜこういう優先順位でサインツールを開発したかというと、長年の経験から来たものです。

15年間のトレード人生で数多のインジケーター・サインツール・EAを購入し続けてきて、一番期待外れであったことが、レンジで出現を繰り返す上下のサインでした。

上かと思いきや下に行き、下かと思いきや上に行く!?

これではサインは出ない方がマシです。

そうして次から次へと様々なサインツールを使って来ました。

そしてとうとう理想的なサインツールを見つけることができないでいた時に、ふと考えました。

そうか!『理想的な何か?』があるなら自分で作れということか!?

ハイブリッドFXトレードシステム【あじにっち】

それから3年以上の開発期間を経て完成した結果がこれです。↓↓↓

ピンクの丸がロングのサイン、水色はショートのサインです。

もちろんサインが点滅したり、リペイントは一切ありません。

ドル円の5分足なので直近1週間分の過去チャートになります。

比較的綺麗にトレンドが出ていますので、このチャートの大底辺りでロングとショートが交錯していますが、結果的に初動でロングを捉えることに成功しています。

ここで重要なことは第一の優先事項としてレンジで無駄なサインが出ないという理念を掲げて制作に取り組んだ結果、このように小さなレンジの時に一切サインが出ていません。

ショートの騙しが1回ありますが、損切りを小さくして利益を伸ばせた場合は特に問題ない結果となりました。

仮にリスクリワード1対1でも2勝1敗ですから利益は残ります。

ハイブリッドFXトレードシステム【あじにっち】

では同じ先週のチャートでユロポン5分足を見てみます。

このペア通貨でも1週間に1回しかサインが出ていませんが、比較的初動でサインが出現しています。

そして繰り返しますが、小さなレンジでは一切サインが出ていません。

ハイブリッドFXトレードシステム【あじにっち】

ここがとても重要です。

つまりこのサインをMT4にデフォルトで付属している機能を使い、スマホにサインが通知されれば、それはトレンドの方向性を意味していますので、後はどこで売るか?だけです。

結果的にどこで売ろうともある程度の利益は見込めたのではないでしょうか?

ところで通常の監視対象であるペア通貨の種類は9種類です。

普段はこんな感じで9画面チャートを見ています。

慣れてくると、画面を拡大しなくても裁量判断できるようになります。

私はMacを愛用しているので、この画面はMac BookでVPSにログインしたWindowsデスクトップ画面です。

仮想サーバーでMT4を365日24時間稼働させています。

こういう環境を昔から好んでおり、サインツールでの裁量トレードも、EAも同じくVPSを使っています。

メリットはデバイスに関係なく、この画面をワンクリックで再現できるところです。

スマホでもタブレットでもPCでもMacでも同じ画面を見ることが容易なのがVPSを使用する最大のメリットです。

こんな感じで週1回ペースを目標にしばらく『あじにっち』システムがFX相場でどの程度優位性があるのか?を皆様と共に検証して行ければ幸いです。

ハイブリッドFXトレードシステム【あじにっち】

このインジケーターと決済専用EAはそれぞれGogojungleで販売を計画しています。

セット割も考えていますのでご期待ください。

時期は近日中ということは確かです。

乞うご期待!

ではまた来週!


あじにっちYouTubeチャンネル

 | GogoJungle

関連記事

  1. 逆指値最強説!トレンド発生したら逆指値でまじ楽勝の!!『ハイブリッドFXトレードシステムあじにっち』…

  2. 損切りをミニマイズする手法についての解説

  3. 2022年5月9日〜13日までの週間勝率14戦14勝0敗は再現性があるのか!?

  4. チャートに張り付かないでFXで裁量トレードする方法があるのか?

  5. 15戦15勝0敗!勝率100%!2022年4月14日〜21日までの過去検証結果発表!

  6. 初心者向け完全無料サインツール「七色空」(ななしきくう)有料サインツール「あじにっち」完全制覇!攻略…

  7. あじにっちで指値を使った場合の勝率6勝0敗の優位性についての話

  8. サインがスマホに届いたのでチャートを見て一気に7ペア通貨ポジった話

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

あじにっち詳細ページはこちら

サイン通りエントリーするだけで自動損切設定・自動利確設定・トレイリングストップサイン通りエントリーするだけで自動損切設定・自動利確設定・トレイリングストップ | GogoJungle

【あじにっち】最新情報はこちら

友だち追加

人気記事

  1. 登録されている記事はございません。

GogoJungleアフィリエイター募集

GogoJungleアフィリエイター募集

スマホでインジケーターに必須環境!

インジケーターを見れるのはVPSだけ!

PAGE TOP